水素水を比較してみよう!

自分で作る水素水を比較 !

    

nkawjsaijisdjcs

私たちの健康を脅かすモトとなる、悪玉活性酸素を取り除いてくれることで話題の水素水。水素水を飲むことで水素が細胞のすみずみにまで行き渡り、さまざまな病気の予防や改善に力を発揮してくれます。

さらに代謝を上げて美肌やダイエットにも効果が期待できるのですから、その驚異のパワーを知ってしまったら毎日飲み続けずにはいられません。

水素は分子が宇宙一小さく、ペットボトル容器だとすり抜けて逃げていってしまうので、市販の水素水は、アルミパウチなどの容器入りのものが主流です。

アルミ容器のものでも、一度開栓すると数時間で水素が抜けてしまうので、開けたら早めに飲み切らなければなりません。ほとんどが500mL容器なので、一度で飲むにはちょっとつらい量ですよね。

そこで注目したいのが、自宅で作れるタイプの水素水。これなら自分の飲みたい時に飲みたい分だけを作って飲めるので毎日利用したい場合はとても便利なのです。

スティックとサーパー、2つの水素水を手軽さで比較

自分で水素水を作るものは、大きく分けてスティックタイプとサーバータイプの2つがあります。スティックタイプは、水素を発生させるスティックをペットボトルに入れて水素水を作るもの。

サーバータイプは、備え付けの水素発生装置で水素水を作るもの。スティックタイプは水素水が出来上がるまでに数時間かかりますので、あらかじめペットボトルにスティックをセットし作っておかないと飲みたい時にすぐには飲めません。

サーバータイプのものなら、常時マシンで水素水が生成されているので、いつでも飲めるという利点があります。手軽さで比較すると、サーバーがだんぜん有利ですね。

サーバータイプの水素水をコストで比較 !

24時間、いつでも飲みたい時に水素水が楽しめたら、水素水の健康ライフがとても充実しますよね。そんな希望をかなえてくれるのが、サーバータイプの水素水。

もちろん、手軽で便利なのは嬉しいですが、気になるのはコスト面。やはり、長期間続けるとなるとコスト面は重要な要素になります。

ひとくちにサーバータイプといっても、据え置きのウォーターサーバータイプものや卓上ポットタイプのサーバーなどさまざまな種類があります。

水道直結型の据え置きタイプのものと、給水型の卓上ポットタイプのものを比較すると、どのくらい費用が違うのでしょうか。

●据え置きタイプの水素水サーバー
据え置きタイプの水素水サーバーは、コックをひねればいつでも水素水が楽しめるのでとても手軽で便利。しかし、マシンの費用はだいたい20万円?40万円、高いものでは100万円近いものもあります。さらに、水道との直結工事費用15000円?25000円程度が必要なので、初期費用がかなり高額になってしまいます。しかし、ランニングコストは電気代と水道代、のみなので、家族で永く使用することを考えると結局はお得になります。
●給水型の卓上タイプの水素水サーバー
卓上タイプの水素水サーバーは、なんといってもコンパクトさが人気。価格もピンキリですが、10万円前後のものが多く、中には5万円を切るコストパフオーマンスの高いものもあります。こちらの場合は給水型なので、ミネラルウォーターなどを用意して本体にセットし、水素水ができるまで数分、待つ必要があります。据え置きタイプと比較すると少々、手間に感じてしまいますが、手軽に経済的に水素水ライフを楽しめるので初期費用を節約したいならおすすめです。

kjhgfdxtr